研究・プロジェクト紹介

このページでは視覚情報処理研究室で行ってきた研究やプロジェクトについて紹介します.

大工大着任以前からの河合准教授の研究についてはこちら

2020年度の卒業研究・Hirathonプロジェクト

  • 2枚の画像を用いた画像修復
    1枚目の画像内では遮へいされている背景が写っている2枚目の画像を用いて,1枚目の画像から不要物を消去します.
    1枚目の画像 2枚目の画像
    1枚目から電柱を取り除いた画像
  • 1枚の画像のみを用いたインタラクションによる画像修復結果の改善
    失敗領域にふさわしいテクスチャを持つ領域を指定することで結果を改善します.
    欠損を持つ画像 従来の修復結果 人のインタラクション
    (対応領域の指定)
    改善した修復結果
  • VRによる地震シミュレータ
    実画像+ARのようなVRによる地震シミュレータ
    リアルな地震体験により防災意識を高めます.
    シミュレータの体験の様子 体験者が見ている画面(棚の転倒)

  • 百済寺復元とAR提示(Hirathonプロジェクト)
    大阪府枚方市にある特別史跡である百済寺跡では,建物が現存していません.
    そこで,建物の3次元復元およびARによる提示を行いました.
    HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を用いてVRとして見ることもできます.
    イラストからの三次元モデル復元 百済寺東塔の拡張現実感提示