研究業績

2020年度に開室した視覚情報処理研究室(河合研)での研究業績リスト

2023年度
査読付き論文誌・学会誌・Journal・Transactions

  • Norihiko Kawai and Hiroaki Koike:”Facial Mask Completion Using StyleGAN2 Preserving Features of the Person”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E106-D, No.10, pp.1627-1637, Oct. 2023. (pdf in J-STAGE)

国際会議・International Conference/Symposium/Workshop

  • Hakim Ikebayashi and Norihiko Kawai: “Intensity and Texture Correction of Omnidirectional Image Using Camera Images for Indirect Augmented Reality”, Proceedings of International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), Feb. 2024.
  • Kazutaka Kiuchi, Shimpei Imamura and Norihiko Kawai: “Selfie Taking with Facial Expression Recognition Using Omni-directional Camera”, Proceedings of International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), Feb. 2024.
  • Motoki Kakuho, Hakim Ikebayashi and Norihiko Kawai:”Motion Reproduction of Sky and Water Surface From an Omnidirectional Still Image”, Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp.150-151, Oct. 2023. (Author pdf)
  • Yuya Suganuma, Masashi Oda, Kanta Nakayama, Sosuke Nishikawa, Shotaro Hata, Ken Paul, Suzuaki Wada and Norihiko Kawai:”Integrated System of Augmented and Virtual Reality for Ruins Tourism”, Proceedings of NICOGRAPH International 2023, p. 85, June 2023. (Author pdf) (Supplemental Video) (Best Poster Presentaion Award 受賞)

国内会議・国内研究会・Domestic Conference・Technical Report

  • 成冨 壱颯, 河合 紀彦: “ARマーカ消去のための隠消現実感におけるNeRFを用いた鏡面反射の再現の検討”, 電子情報通信学会 技術研究報告(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎(MVE研究会)), MVE2023-49, March 2024.
  • 岸川 雄星, 北野 太一, 河合 紀彦, 鈴木 基之, 伊勢 正: “遠方からの被災家屋の位置特定に関する検討”, 電子情報通信学会 技術研究報告(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎(MVE研究会)), MVE2023-50, March 2024.
  • 菅沼 祐耶, 河合 紀彦: “3次元を考慮した1枚の風景画像の構図変換”, 画像電子学会 第307回研究会講演予稿, pp.71-74, Feb. 2024.
  • 西川 総生介, 河合 紀彦: “ハンドセグメンテーションに基づく代替現実における現実感向上”, 画像電子学会 第307回研究会講演予稿, pp.58-61, Feb. 2024.
  • 木内 一隆, 今村 真平, 河合 紀彦: “全方位カメラと表情認識による画角を考慮した写真撮影支援システム”, 2023年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, G-37, Sep. 2023.(PDF in 情報学広場)(支部大会奨励賞 受賞
  • 河合 紀彦: “画像処理とXRへの応用”,  電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎(MVE研究会), Sep. 2023. (MVE専門委員の活動紹介として口頭発表)
  • 河野 翔馬, 亀山 将誠, 村木 祐太, 河合 紀彦, 山本 裕紹, 藤井 俊彰, 河北 真宏: “空中像を用いたライトフィールドカメラの開発と応用検討”, 3次元画像コンファレンス講演論文集, July 2023.(優秀論文賞 受賞

その他,学会誌(査読なし)・解説など

  • 岩井 大輔, 河合 紀彦, 今野 晃市, 朱 臻陽, 三上 浩司, 宮崎 大輔: “NICOGRAPH International 2023 開催報告”, 芸術科学会誌 DiVA, Vol.55, pp.4-8, Dec. 2023. (PDF)
  • 河合 紀彦: “撮影者が写らない360度画像生成のための撮影と合成”, 画像ラボ, Vol.34, No.8, pp.8-14, 2023.

2022年度
査読付き論文誌・学会誌・Journal・Transactions

  • 河合 紀彦, 野田 隆成: “撮影者が写らない全方位画像生成のための撮影と合成”, 画像電子学会誌, vol. 52, No. 1,  pp. 143-151, Jan. 2023.(PDF)

国際会議・International Conference/Symposium/Workshop

  • Yujia Zhang, Monica Perusquía-Hernández, Naoya Isoyama, Norihiko Kawai, Hideaki Uchiyama, Nobuchika Sakata, Kiyoshi Kiyokawa:”Image Relighting with Object Removal from Single Image”, Asia-Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR), 2022. (pdf)
  • Yujia Zhang, Monica Perusquía-Hernández, Naoya Isoyama, Norihiko Kawai, Hideaki Uchiyama, Nobuchika Sakata, Kiyoshi Kiyokawa:”3D-Aware Image Relighting with Object Removal from Single Image”, International Conference on Artificial Reality and Telexistence, Eurographics Symposium on Virtual Environments (ICAT-EGVE), 2022.
  • Taiki Kato, Naoya Isoyama, Norihiko Kawai, Hideaki Uchiyama, Nobuchika Sakata and Kiyoshi Kiyokawa:”Online Adaptive Integration of Observation and Inpainting for Diminished Reality with Online Surface Reconstruction”, Workshop on Inpainting techniques for Object Removal in Indoor scenes (ISMAR workshop), 2022.

国内会議・国内研究会・Domestic Conference・Technical Report

  • 角方 元紀, 池林 ハキーム, 河合 紀彦: “単一の全方位画像における空の動き生成”, 情報処理学会第85回全国大会講演論文集, 2X-04, March 2023.(PDF in 情報学広場
  • 木村 裕貴, 木内 一隆, 河合 紀彦, 鈴木 基之, 伊勢 正: “YOLOによる物体検出を用いた全壊した住家の検出”, 情報処理学会第85回全国大会講演論文集, 6R-06, March 2023.(PDF in 情報学広場
  • 野口 翔伍, 池林 ハキーム, 河合 紀彦: “特定ルートにて移動体験が可能な事前生成型拡張現実”, 情報処理学会第85回全国大会講演論文集, 1S-02, March 2023.(PDF in 情報学広場
  • 池林 ハキーム, 河合 紀彦: “Indirect ARのためのカメラ画像を用いた事前撮影360度画像の輝度補正”, 2022年映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集, 23B08, Dec. 2022.
  • 角方 元紀, 池林 ハキーム, 河合 紀彦: “単一の全方位画像からの空の動き生成”, 画像電子学会第4回デジタルミュージアム・人文学(DMH)研究会 予稿, pp.26-30, Dec. 2022. (PDF)
  • 小田 雅士, 菅沼 祐耶, 中山 堪太, 西川 総生介, 畑 翔太郎, パウル 謙, 和田 涼暉, 河合 紀彦: “事前生成型拡張現実の史跡観光への応用ー特別史跡百済寺跡を例としてー, 画像電子学会第4回デジタルミュージアム・人文学(DMH)研究会 予稿, pp.31-36, Dec. 2022. (PDF)
  • 河合 紀彦, 野田 隆成: “全方位画像における撮影者排除のための撮影と合成”, 第 50 回 画像電子学会年次大会, P2-2, Aug. 2022.
  • 亀山 将誠, 山上 敦司, 村木 祐太, 河合 紀彦, 山本 裕紹, 藤井 俊彰, 河北 真宏: “空中像を用いたインテグラル 3D のリアルタイム撮影と表示”, 3次元画像コンファレンス, July 2022.

2021年度
査読付き論文誌・学会誌・Journal・Transactions

  • Kizashi Nakano, Daichi Horita, Norihiko Kawai, Naoya Isoyama, Nobuchika Sakata, Kiyoshi Kiyokawa, Keiji Yanai, and Takuji Narumi: “A study on persistence of GAN-based vision-induced gustatory manipulation”, MDPI Electronics, Vol. 10, No. 10, May 2021. (Webpage)

国際会議・International Conference/Symposium/Workshop

  • Hiroaki Koike and Norihiko Kawai: “Facial mask region completion using StyleGAN2 with a substitute face of the same person”, Proceedings of International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), pp. 271-285, 2022. (Author pdf)
  • Ryusei Noda and Norihiko Kawai: “Generation of omnidirectional image without photographer”, Proceedings of International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV), pp. 286-299, 2022. (Author pdf)

国内会議・国内研究会・Domestic Conference・Technical Report

  • 木内 一隆, 河合 紀彦: “デプスカメラを用いた平面上の物体を対象とした隠消現実感”, 電子情報通信学会 技術研究報告(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)), MVE2021-75, March 2022.(Webpage
  • 上田 雄大, 山田 夢一途, 土屋 匠磨, 河合 紀彦, 大井 翔, 佐野 睦夫: “全天球動画像と座位運動検知を用いたVR寺院拝観システムの開発”, 電子情報通信学会 技術研究報告(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)), MVE2021-74, March 2022.(Webpage
  • 石原 翼, 中西 隆太, 河合 紀彦: “代替現実を応用した地震シミュレータ”, 電子情報通信学会 技術研究報告(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)), MVE2021-57, March 2022.(Webpage
  • 加藤 太希, 磯山 直也, 河合 紀彦, 内山 英昭, 酒田 信親, 清川 清: “観測型と修復型の利点を併せ持つ隠消現実感手法の提案と評価”, 電子情報通信学会 信学技報(メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)),MVE2021-76, March 2022.(Webpage
  • 野田 隆成, 河合 紀彦: “撮影者を含まない全方位画像の生成”, 情報処理学会第84回全国大会講演論文集, 6Q-01, March 2022.(PDF in 情報学広場)(2022年に画像電子学会誌で出版)
  • 田村 啓人, 河合 紀彦: “セマンティックセグメンテーションとARに基づく床の模様替え”, 情報処理学会第84回全国大会講演論文集, 2ZG-03, March 2022.(PDF in 情報学広場
  • 小池 泰景, 河合 紀彦: “同一人物の正面の顔を用いたStyleGAN2による顔のマスク領域の補完”, 情報処理学会第84回全国大会講演論文集, 7Q-07, March 2022.(PDF in 情報学広場)(2023年に信学会論文誌(英文)で出版)
  • 金川和源, 河合紀彦: “全方位カメラのための物体検出の一手法”, 情報処理学会第84回全国大会講演論文集, 7U-05, March 2022.(PDF in 情報学広場
  • 入江 友基, 河合 紀彦: “ヒストグラムマッチングによるBackground Mattingの精度向上”, 情報処理学会第84回全国大会講演論文集, 7Q-06, March 2022.(PDF in 情報学広場
  • 池林 ハキーム, 河合 紀彦: “Indirect ARのためのカメラ画像を用いた輝度補正の検討”, 情報処理学会第84回全国大会講演論文集, 6P-02, March 2022.(PDF in 情報学広場
  • 山田 夢一途, 上田 雄大, 土谷 匠磨, 大井 翔, 河合 紀彦, 佐野 睦夫: “VRを活用した観光システムのための座位足踏み運動の検出”, 電子情報通信学会 技術研究報告(福祉情報工学研究会(WIT)), WIT2021-35, Dec. 2021. (Webpage)

その他,学会誌(査読なし)・解説など

  • 佐野 睦夫, 尾崎 敦夫, 鎌倉 良成, 河合 紀彦, 鈴木 悠平, 豊味 諒磨, 今井 弘二: “HIRATHON:市民・産官学協働によるAI データサイエンス的アプローチによる地域の価値創造の推進”, 人工知能学会誌, Vol. 37, No. 2, pp. 179-186, March 2022.

PDFを公開している正式版の論文・原稿の著作権は各学会に帰属します.
IEEEについては,IEEEのポリシーに従い,著者のバージョンのPDFを公開しています.